2018年8月30日

主に2つ!渋谷医療脱毛で使われるマシンをチェック

レーザー脱毛は広範囲のケアに最適

渋谷で行われている医療脱毛は主に2つのタイプに分けることができます。1つ目はレーザー脱毛で、ムダ毛を処理したい部位にレーザーを当てるだけで毛根にダメージを与えられるのが特徴です。ムダ毛をケアしていくシステムは、レーザーがメラニン色素に反応する働きを利用していて、メラニン色素の量が多い濃いムダ毛ほど脱毛効果が高くなるのが一般的です。使用する注意点としては、日焼けをすると肌にもメラニン色素が作られるので、肌コンディションによっては痛みが大きくなるので気を付けましょう。このレーザー脱毛の大きなメリットは、一度のレーザー照射で広範囲をできることで、処理に時間がかかる全身脱毛も短時間で行えるのが魅力です。

ニードル脱毛は脱毛効果の高さがポイント

渋谷医療脱毛にはレーザー脱毛のほかに、ニードル脱毛という方法があります。このニードル脱毛はニードルと呼ばれる細長い針を毛穴に刺しこみ、電流を流して毛根を焼く施術です。ムダ毛をケアするには毛穴に1つ1つニードルを刺す必要があるので、時間がかかるのがデメリットです。これに加えて体にかかる負担も大きく、痛みや肌の腫れも非常に大きくなるので注意してケアする必要があります。しかしメリットとして脱毛効果が高いことが挙げられ、一度ニードル脱毛でケアすればムダ毛の再生率を大幅に抑えることが期待できます。どうせ脱毛施術を受けるなら永久脱毛に近い仕上がりにしたいと希望する人は、ニードル脱毛を検討するのがおすすめです。

色々な種類の脱毛がありますが、仕上がり具合にこだわるなら渋谷医療脱毛です。医療機関が対応することで安心感が得られます。