2018年8月31日

歯科に行くとなにをされるの?虫歯が痛んで歯医者に初めて行く人の心構え

まずすべての歯の状況をチェックされる

生まれてこの方、歯科にいったことがないという人が虫歯になった場合、なにをされるかわからないという恐怖心が勝って虫歯をそのまま放置してしまうことがあるかもしれません。しかし、放置して悪化するほど痛みが増し、治療の難しさも増していくので、勇気を出していくようにしましょう。
では、虫歯治療前の心構えとして、どういったことが行われると認識しておけばいいのでしょうか。まず、最初に行われるのがすべての歯の診断です。今まで歯科にきたことがないという人だとデータがまったくないため、一本ずつ歯の状況を診察してデータとして残すのです。基本的に口を開けさせられ、覗かれるだけなので、この段階でどこかが痛くなるということはありません。ただ、虫歯の影響で歯茎が腫れている場合、その腫れの状況を確認するために器具でぐいぐい押されることがあり、そのときは痛むことがあります。

レントゲンを撮ったあと、麻酔をして神経を抜く

次に行われるのがレントゲン撮影です。歯茎の中に埋まっている歯の根の部分は人によって形が異なるので、それを確認するためです。これは短時間で終わりますし、痛みを伴うことはありません。
そして歯茎に局所麻酔を行います。歯に穴を開けて、炎症の原因となっている神経を抜くための処置です。歯茎への麻酔注射は細い針で行うので、ちくっとはしますが、それほど痛くはありません。ただ、痛むこと自体が怖いという人向けに、麻酔注射をするための麻酔をしてくれることがあります。
麻酔が終わると、いよいよ歯に穴を開けて神経を抜くことになりますが、麻酔が効いていれば痛みはほとんど感じないでしょう。ただ、歯に何かをされている不快感はあるので注意が必要です。

荻窪での歯科なら、歯科保存学出身で、歯周病専門医の資格を持っているところなら、正しい診断と治療計画をしてくれます。